FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.09.04 (Sun)

857 & 858th

昨日みぃすけが出してくれた『赤江 初垂れ』。
お初かと思ったら飲んでた。
大概名前で飲んでるかどうかは覚えてるんだけどなぁ。

で、今日はO君にお土産でもらった二本。
RIMG0010_20110904201113.jpg
857番目の鹿児島・濱田酒造『芋残心』25度と、858番目の鹿児島・若松酒造『芋屋金次郎』25度。



スポンサーサイト



20:36  |  芋焼酎  |  コメント(0)

2011.07.07 (Thu)

856th

DSCN1027_20110707205917.jpg

『樽芋』
長崎県・梅ケ枝酒造 25度

"劇団きづがわ"の役者さん 山本惣一郎さんに写真展のお祝いで戴いた芋焼酎です。

珍しく私の郷里長崎の芋焼酎ですね。
長崎は麦焼酎文化圏なのであまり芋焼酎はありません。
今まで飲んだことがあるのは長崎大島醸造の『ちょうちょうさん』くらいかなぁ。

ロックでいただきました。
西酒造の『天使の誘惑』という芋焼酎がありますが、あれほどではありませんが独特の甘い香りがしていい感じ(^^)v
ネットで調べてみたら なるほどブランデー樽で熟成させてるらしい。
あまり芋っぽくなく洋酒感覚で飲めるので、芋が苦手な人にもお薦めです。

次はお湯割りで試してみましょう。

山本さん ありがとうございました。
じっくり楽しませていただきます。


21:09  |  芋焼酎  |  コメント(0)

2011.07.04 (Mon)

110704の昼ご飯《浪速区稲荷2「寿し寅」》

今日の昼ご飯は会社の女の子達を連れて桜川の「寿し寅」さんへ。

DSCN8788_20110704152137.jpg

久し振りの訪問です。
大将がいつもの優しい笑顔で出迎えてくれました。

元々仕出し専門の寿司屋さんなので、お店で食べることが出来るメニューは握り寿司、箱寿司、ちらし寿司の三種類だけです。
冬はそれに"ぬく寿司"が加わります。
"ぬく寿司"とは⇒2009.11.09のブログ

今日は鱧の箱寿司も出来るとのことだったので、ワガママを言って普通の箱寿司に鱧寿司を入れてもらうことにしました。

DSCN0929_20110704140956.jpg
見事な鱧ですねー。
ザクザクと小気味よい音で骨を切っていく。
このお店は作ってるところが見れるので楽しいし勉強になります。

鱧を焼いてる間に海老、平目、穴子を慣れた手つきで下拵え。

年季の入った木型に寿司飯と椎茸と穴子のソボロを甘く炊いたものを挟み込み、ネタを乗せ上半身の力を込めて押しつけます。
DSCN0932.jpg

出来上がり~。
DSCN0937_20110704140955.jpg

左上が穴子、右上が海老。
左下が平目、右下が鱧。

美味過ぎて頭クラクラします。
キンキンに冷えた辛口の日本酒が欲しいぞ~!

「寿し寅」
〒556-0022 大阪市浪速区桜川2-3-1
TEL 06-6561-4014


12:51  |  芋焼酎  |  コメント(2)

2011.07.03 (Sun)

855th

犬山のふぅさんが
「su-yan これ飲んだことないやろ。」
と出してくれた芋焼酎。

DSCN0922.jpg
宮崎県・オガタマ酒造
「たんぽぽの空」25度

華やかな香り、ややドライ系かな。
ロックで試しましたが、お湯割りで本領発揮しそうなお芋さんです。
23:34  |  芋焼酎  |  コメント(2)

2011.05.16 (Mon)

854th 勇吉にて

三宮の「勇吉」に行って来ました。

今日もマスターのYujiがお初を仕入れてくれてた。
DSCN0260_20110517115110.jpg
鹿児島 小正醸造『市助』25度
少しドライな感じがするけど、しっかりお芋さんを感じさせてくれる芋通好みの焼酎です。

酒肴はこれで決まりでしょ。
DSCN0257_20110517115110.jpg
鶏の生肝。

バッチリやね(^~^)v

23:49  |  芋焼酎  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT