FC2ブログ
2008年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2008.12.09 (Tue)

1209 ババァ

今日は「二火会」のメンバーで福島の「地魚屋台とっつぁん」へ行って来ました。
同じくOK二番街の中だけど、最近場所を変わり店舗が広くなってスタッフも一気に倍増。
儲かってるんやなぁ。

なんせ安いし、魚の種類も多い。
DSCN4038.jpg

tottuan.jpg
シマアジ・ぼたん海老
よこわ・おばけ
天ぷら色々・サザエの壺焼
天つゆと大根おろし・サワラの塩焼き


珍しい魚の煮付けがあったので頼みました。
DSCN4058.jpg

何の魚か判りますか?

コチ?

タラ?

黒ムツ?

ソイ?



ジャ~~~~~ン!

DSCN4054.jpg
ババァでした。
入口横のネタケースに横たわっております。
別名ゲンゲ。
DSCN4056.jpg
札には"田中ゲンゲ"と書いてあります。

(・・?)田中?
何で人の名前付いとるん?

調べてみたら、田中茂穂(和名の定義を作った人)の本『魚』に、石川県輪島で「しゃで」、福井県で「きつねだら」の記述があり、ノロゲンゲよりずっと大型になる…とあるのがこの名前の由来ではと言われているそうです。

ちょっとウンチク話
この魚、水深300㍍以深に生息する深海魚で、底引きや刺し網で漁獲される「ゲンゲ」の仲間は「下の下」と言われ、かつては見向きもされなかったそうな。
しかし、鳥取県岩美町で、ズワイ蟹漁に混獲されるこのババァを松葉蟹に続く街の名物にしようというキャンペーンから、豊富に流行のコラーゲンを含んでいる事も功を奏して見直されたんだって。

味は淡白、タラの身を柔らかくした感じです。
味噌で炊いても美味そうだね。

機会があったらご賞味あれ。
スポンサーサイト



23:37  |  小料理・居酒屋  |  コメント(0)

2008.12.09 (Tue)

1209の昼ご飯《阪神野田駅「細うどん 戎屋」》

阪神野田駅の改札口を出たところにある立ち食いうどん屋さん。

DSCN4037.jpg

うどん粉からダシまでこだわりの材料を使っています。
そして安くて美味い!

今日はスタミナうどん(440円)をいただきました。
DSCN4033.jpg
生卵・かき揚げ・おあげさんが入ってます。

カウンターに置かれた小さな壷から おろし生姜を入れ、かき混ぜてズバズバっといただきます。

DSCN4036.jpg
細い麺でしょ。
冷や麦ほどの太さしかありませんがしっかりコシがあります。
太いうどんにはコシは要りませんがこれくらいの麺はコシがあったほうがよろしいな。
つゆによく絡んで美味い!
12:50  |  麺(和)  |  コメント(2)

2008.12.09 (Tue)

1207 SPECIAL NIGHT

今日の天国日旺ライブは廣石雅信さんと永井ようさん。
DSCN3573.jpg
DSCN3589.jpg
さすがにベテランの二人。

ライブが終わってほとんどの人が帰った後で木村はん、さこ大介、AZUMI、ヒデマロ登場。
残ってて良かった。
即興ライブの始まりです。

まずはさこ大介。
DSCN3703.jpg

続いてヒデマロ。
木村はんの前で初めて唄う「黄昏」
DSCN3787.jpg

木村はん。ノリにノッて小一時間ほど唄ってくれました。
DSCN3846.jpg

1mの距離で聴けた贅沢極まりないライブでした。
12:44  |  ライブ  |  コメント(0)

2008.12.09 (Tue)

1208の昼ご飯《福島区吉野「つる家」》

中華が食べたくなり野田の「北京飯店」に行くと残念ながら定休日。
仕方ないので近くの大衆食堂「つる家」へ。

嬉しいなぁ。粕汁があったぞ。
お腹空いてたのであれもこれも頼んでしまった。
DSCN3991.jpg
玉子焼き、シャケ、酢の物、そして粕汁。

今からは粕汁がいーね。
12:17  |  定食・食堂  |  コメント(0)

2008.12.09 (Tue)

1208 ご無沙汰でした。

久寿川に「ふくろう」という店がありました。
靴を脱いでカウンターに座るとママのCHERRYさんがニッコリと出迎えてくれ、くつろいで飲めるいいお店でした。でも一年前に残念ながら閉店。

その店のママさんCHERRYさんと久し振りに「喜多屋」で飲みました。
元気そうでなにより。

DSCN4001-1.jpg
まぐろとカンパチの造り、地鶏の背肝、地鶏の炙り焼き、川津えびの唐揚げ

喜多屋の料理は最高だし、いい夜だったなぁ。
12:13  |  小料理・居酒屋  |  コメント(4)
 | HOME |