FC2ブログ
2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2009.03.03 (Tue)

090302 「白雪温酒場」

ずっと行ってみたかった白雪温酒場に行ってきました。

JR西九条駅から数分歩くと道の突き当たりにエレベーターが。
DSCN6043.jpg
このエレベーターに乗って地下まで降り、川の下の地下道を通って対岸に渡ります。

話には聞いていたけど通るのは初めて。
管理人詰所でこの地下道の資料をいただきました。
「安治川河底(かてい)トンネル」
トンネルの長さ80.6m
西区安治川1丁目(南詰)~此花区西九条1丁目(北詰)を結びます。
DSCN6048.jpg
エレベーターの中と地下道には警備員さんがいるので女性や子供も安心だね。

さて、地上に上がり辺りを見回すと 数十m程先にお店の看板が見えます。
DSCN6062.jpg

ここが「白雪温酒場」です。
DSCN6064.jpg

DSCN6070.jpg

暖簾をくぐり中に入るとカウンターに二組のお客さん。そしてカウンターの中には大将が一人。

ほほ~、年期が入ってるてなもんじゃありませんな。
とりあえずお酒を頼むと、いかにも古そうな錫製のチロリで出てきました。

いい雰囲気だねー。

大将に店の写真を撮影させてもらえないか尋ねると、出来たら遠慮して欲しいとやんわりと断られました。
ならばしょうがないなぁ。飲み食いに専念しましょか。

10年振りに来たというmintちゃん感慨深げにお店の中を見回しています。
阿倍野の「明治屋」とはまた違った趣がありますな~。

カンパチの刺身とナマコをいただきましたが、このナマコが激ウマ!
目の前で生きたナマコの腹を割き薄くスライス、大根おろしを添え橙を搾って出してくれます。
今まで食べたナマコの中では一番美味かった。
ナマコ好きの人は是非食べてみてね。

茶碗蒸しも作り置きではなく、その場で卵を割って作ってくれるので舌触り滑らかで最高に美味い。

二人ともお酒が進む進む(^-^)b

しかし、このチロリえ~な~。
大将にチロリだけでいいから写させてくれないか聞くと「何に使いまんねん」
自分のホームページに載せたいと正直に言うと、「それならこれも写しとき」と、あまり使ってないチロリを出して来てくれました。
DSCN6078.jpg

聞いてみるとお店を初めて80年ほど経ってるらしく、持ち手の簾が取れるのは分かるとして、頑強な錫もその間でこれだけ変わるんだねー。

DSCN6080.jpg
DSCN6082.jpg

ちょっと取っつき難い大将だけど喋ってみると優しい人です。

う~む、この店大変気に入りました。
リピート間違いなし!

mintいい店紹介してくれてありがとさん。

あ、この店メニューや品書きの類一切ありません。
ネタケースや周りの人が食べているものを見て頼みましょう。
スポンサーサイト



12:10  |  小料理・居酒屋  |  コメント(4)
 | HOME |