FC2ブログ
2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.06.15 (Tue)

100615 葉とうがらし

この前の土曜日、清荒神さんの「さん志ょうや本家」で買ってきた葉とうがらしの佃煮をいただきました。

DSCN2750.jpg
やっぱり美味いなぁ。
ご飯何杯でもいけそう。

DSCN2751.jpg
半分食べたら熱いお茶をかけてサラサラと。
爽やかな辛みがクセになりますぞ。

清荒神「さん志ょうや本家」
(以下HPより転載)
火の神として信仰を集め、「荒神さん」の名で親しまれる清荒神清澄寺。
その参道大鳥居の下に《佃煮元祖》の看板を掲げるさん志ょうや本家は、昭和元年の創業以来手作りの佃煮一筋に精進してまいりました。
そのこだわりは、素材選びから始まります。
産地から直送された最上級の松茸や北海道・道南産の極上真昆布、香り豊かな木の芽、山菜、茸…。
四季折々の自然が育んだ、厳選された素材だけを用い、秘伝の醤油で、一昼夜かけて炊き上げています。
また、手作りへのこだわりを何より大切にし、乾燥させる、合わせる、煮炊くの工程を、熟練の技を持つ職人の手によって、一つひとつ丁寧に行い、半世紀以上にわたって愛されてきた、さん志ようや本家の味を守りつづけています。

さん志ょうや本家
兵庫県宝塚市清荒神1-11-15
TEL.0797-87-2041
FAX.0797-87-9212
Eメール honten@3408.jp
スポンサーサイト



21:24  |  その他  |  コメント(0)

2010.06.15 (Tue)

100615の昼ご飯《西元町「おおもりめしのこふじ食堂」》

今日も神戸で仕事です。
午前中の仕事が終わって西元町へ。
N君に神戸に行ったら是非と教えてもらった「おおもりめしのこふじ食堂」へ行ってみました。

西元町からメルカロードを北へ200mほど行ったところにあります。
DSCN2736.jpg
入口で販売用の米が積まれています。

DSCN2737.jpg
お店に入るとガラスケースに美味しそうなオカズがたくさん並んでいますねー。

DSCN2738.jpg
その他にも色んな料理があります。

DSCN2740.jpg
写真ではなく手書きのイラストというのがいいですね。
なんかホノボノ。

ガラスケースの中からサンマの塩焼きとオカズ盛り合わせ、このお店はとにかくご飯の量が半端じゃないと聞いてたので小ご飯をお願いしました。

はぁ!?(゚○゚;
DSCN2744.jpg
可愛いオネーサンがニッコリ笑って持って来た小ご飯です。
茶碗は確かに小ご飯用だけど盛りは…てんこ盛り。

ぼーや~良い子だネンネしな~♪
日本昔話のテーマソングが頭の中に流れる。

DSCN2745.jpg

DSCN2746.jpg
このサンマはちゃんと炭火焼きだそうです。

DSCN2747.jpg
玉子焼きはハム・海苔・ネギと中身が違います。

も~お腹パンチクリン
ご飯も美味しかった。

これだけ食べてお勘定は650円。
感動的な安さですね。

ブヒ~
DSCN2748.jpg
テーブルの上のブタちゃんがニッコリ微笑んでます。

ごっつぉーさんでした。

「おおもりめしのこふじ食堂」
神戸市中央区下山手通9-5-3
TEL.078-341-2764
営業時間 10:00~20:00(L.O)
定休日 土・日・祝

18:26  |  定食・食堂  |  コメント(2)
 | HOME |