FC2ブログ
2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.06.12 (Sun)

110612の昼ご飯《JR立花駅前「立ち食いうどん やすだ」》

今日は立花に用事があったので原チャでひとっ走り。
用事を済ませ良さげな店がないか駅前~商店街を散策するも…見当たらず。
仕方なく駅前の立ち食いうどん屋さんへ。

月見うどんとちらし寿司をお願いしました。
DSCN0673_20110612201611.jpg

DSCN0674.jpg
月見うどん260円。

DSCN0675.jpg
ちらし寿司220円。

炭水化物×炭水化物。
イカン組合せってわかってるんだけどなぁ。

スポンサーサイト



20:29  |  麺(和)  |  コメント(0)

2011.06.12 (Sun)

ひでまろお帰り~

整体師の村田ゴータとひでまろ、こむりが帰って来た。

こむりが写メを送ってくれた。
避難所の体育館でマッサージ中のひでまろとこむり。
DCF_00181.jpg

お礼に花束をもらったんやね。
ひでまろいい顔してます。
110608_1505~02


そして六日間の整体ボランティアを終え三人が帰ってきました。
DVC00014_20110612200823.jpg
とりあえずお疲れ様でした。
カンパーイ

ひでまろご苦労さんでした。
DSCN0665.jpg


こむりの日記を転載します。

今 必要なのは
お金でも物資でもなく、人手でありました。これは いってみなければ現実に実感できなかった事。

避難所には 開けることも出来ない救援物資が山積み、義援金は赤十字や役所で止まり、、、

三ヶ月も冷たい床の上で、栄養状態も悪い中、あの余震が繰り返す場所で、耐えている人達の体はハガネのよう

そして、テレビでみる破壊された浜側の様子、福島から宮城、仙台空港まで、ブラウン管との違いは、においでありました。地震より、三ヶ月たっているとは思えない景色、沢山の人がまだみつかっていない現実を体で感じ、、、シャッターを切る事など私には出来ませんでした。

ストレスケアインストラクターとして、毎日、避難所や施設をまわらせていただき、沢山の人の体に触れさせてもらい、まだ伝えきれない、色んな現実をきいて、みて、感じて、、、

放射能の数値がどうなろうと、あの場所で耐え、これからも生きていく人達を、同じ人間を、これから一番苦しめるだろう問題は、早くも悲しくも、すでにおこっている差別だと強く感じています。

今回 体を動かせたのは、奥村ひでまろさん、村田豪太、私の三人でありますが、それにむけ、大勢の人の働き、カンパ、応援、支援をいただきました。みんなの力が繋がり、小さな何か。ができる事を痛感し、深く感謝し、そして、これからも可能な限り、続けていく気持ちをいただきました。

この人災の被害も加害も、同じところにあるのだ。と言う事を胸に、、、


又少し歩きたいとおもいます。

ありがとうございました。
20:11  |  イベント  |  コメント(2)

2011.06.12 (Sun)

110611 劇団きづがわ62回公演

今回の劇団きづがわ62回公演は大阪春の演劇まつり参加作品の二本。

「トイレはこちら」
「この道はいつか来た道」

知り合いの役者山本さんは「この道はいつか来た道」(二人劇)に出演されました。
迫り来る死を前に老いた二人が楽しむ恋愛ゲーム。

DSCN0662.jpg
山本惣一郎と共演の和田雅子さん。



14:02  |  イベント  |  コメント(0)
 | HOME |