FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.04.05 (Tue)

110405 「たこ竹」最高の大阪寿司に出会う

松屋町。
"まつやまち"ではなく"まっちゃまち"と呼ぶ。
大阪では有名な花火と玩具の町にひっそりと営業している大阪寿司の老舗があります。
江戸時代から続く老舗「たこ竹」。
天国仲間のNちゃんに「su-yanに紹介したい大阪寿司の店がある」と連れて行ってもらいました。

年季の入った店構え。
ガラリと引戸を開けて中に入るとご主人らしき人と年配の女性がカウンターの中に。

メニューはご覧の通り。
DSCN9669.jpg

上ちらし寿司も食べたいしサバの棒寿司も食べたい。
他にもあと一種類くらい食べたいけど…一人前づつじゃ多過ぎるな~。

その様子を悟ったかご主人が「ちらし寿司は半分に盛れますし、棒寿司も一本は六切れですが四切れも出来ますよ。」
お~(^o^) そりゃGoodですな。
ではちらし寿司を半分っこにしてもらい、サバの棒寿司とご主人お勧めの甘鯛の棒寿司をいただくことにしましょかね。

DSCN9659.jpg
うひゃ~綺麗だねー。

DSCN9660.jpg
丼(器)も美しい。

見た目だけではなく、酢の香りに木の芽と錦糸玉子の香りが鼻孔をくすぐり、この時点で期待度MAX!!
ネタのひとつひとつが丁寧に下ごしらえしてあり、口の中で溶け合って最高の感動を味わうことが出来ます。

サバと甘鯛の棒寿司。
DSCN9667.jpg
芸術品だね。

甘鯛の棒寿司。
DSCN9664.jpg
季節限定、長崎産の甘鯛を使ってあります。
上品な甘みが口一杯に拡がりこれまた絶品!
針に切った柚子の皮が挟みこんであり爽やかな香りが一層美味しさを引き立てています。

サバの棒寿司。
DSCN9668.jpg
この鯖の厚みどうよ。
よく見ると脂がよく乗ってるのが判るでしょ。

話しをうかがいました。
このお店は天保二年から続く大阪寿司のお店だそうで、ご主人と思っていたこの方はこの店で40年働いている職人さんだそうです。
四年前に五代目が亡くなり、その後女将さんと二人でこの店を継いでるとのこと。

天保二年といえば1831年。
今年で180年の超老舗です。
跡継ぎがいないと嘆いておられたけど、なんとか大阪の食伝統を引き継いで欲しいなぁ。

NORIちゃん いいお店を紹介してくれてありがとう。

あ、この番頭さんカルロス・サンタナにそっくりです。

「たこ竹」
大阪市中央区松屋町住吉3-8 
TEL 06-6762-1848
営業時間 11:00~(L.O.19:30)
定休日 木曜日、第2金曜日
スポンサーサイト



23:59  |  寿司  |  コメント(4)

Comment

写真で感動できるお寿司なんてもう長いこと口にできてないなあ・・・
穴子棒寿司一切れでええんやけどなあ・・・

ぼちぼち今夜のご本人アッキャンと一緒にハゲちゃんの車で名古屋です
a-fuusan |  2011.04.06(水) 15:39 | URL |  【編集】

>ふぅさん
今度アナゴの棒寿司仕入れときます・・
su-yan |  2011.04.06(水) 16:44 | URL |  【編集】

こりゃ~すごうおます、、、、

荻野さんに、すのもん、、ようけたべにゃ~あかんといわれて、、ます。
旨そうありがとうございます。いこう。
KAIDA |  2011.04.06(水) 21:47 | URL |  【編集】

>KAIDAさん
お持ち帰りも出来ますので奥さんとご一緒に是非・・アジ棒も凄く美味しいらしいですよ。
su-yan |  2011.04.06(水) 22:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |