FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.03.27 (Fri)

090327 草鍋

今日は花金(死後だね)、各方面(友人関係)からのお誘いを丁重にお断りし、ある計画を実行をした。

九条に草鍋というものがあるらしいと知ったのはヒデマロの後輩"いのっち"こと井上理津子が「大阪酒場列伝」で紹介していた記事を読んでからだ。

料理の内容より"草鍋"という言葉の響きに気持ちが揺さぶられ、いつか絶対行ってみなければ…と思ったのが数年前。
先日「白雪温酒場」まで会社から歩いて行けるのがわかり、その途中にある草鍋屋に行こうと計画を練っていたわけであーる(^-^)v

会社から千代崎橋を渡りアーケード手前を左折、一筋目をアーケードと並行して入り次の角にありました。
DSCN6476.jpg

「小川下」と書いて"こかげ"と読みます。

店に入るとなかなかいい雰囲気。
適度なレトロ感がよろしいなぁ。
カウンターに常連らしき小粋なお母さんが。
DSCN6465.jpg
着物がよく似合ってるし髪型も粋だねー。

カウンターに座りメニューを探していると、いきなり鍋が目の前のコンロに置かれます。

なるほど、これしか無いんだね。
DSCN6461.jpg

オネエサンが色々な突き出しが乗ったトレーを持ってきました。
鍋が出来るまでのセット料理らしい。

だし巻きをいただきましょう。

熱燗を飲みながらだし巻きを食べてるとお鍋がグツグツと煮えてきました。

オネエサンが「初めてですか?」と聞かれたので「はい!」と緊張気味に答えると、優しく説明しながら食べ方を教えてくれました。

先ずはお椀に醤油(ごく普通の)を垂らし、鍋からスープを入れます。
お椀に付いている洋ガラシを溶き、それに具材を浸けていただくわけですな。

お鍋の中には菜っ葉・モヤシ・ニラ・春雨・豚肉・豆腐が入っています。
野菜がタップリ入ってるから草鍋って言うんだね~。

菜っ葉は小松菜じゃなくシロ菜らしい。
小松菜や白菜はスープが濁るのでシロ菜を使うそうです。

途中でご主人に話しを聞くとお店を初めて45年ほど経つらしいが、最近は歳と共に身体がキツいので営業時間は5時から9時までしかやってないとのこと。
結構遠方から食べに来てくれるので止めるに止めれないんだって。

ご主人と名刺交換させていただいた後に実山椒と塩昆布をサービスで出してくれました。
箸安めに丁度いいね。

最後は雑炊。
実山椒と塩昆布をお代りしてくれたので雑炊に入れたらさらに美味くなった。
DSCN6473.jpg

草鍋は一人前1200円。
ヘルシーで美味いぞ。


キララ商店街を抜け二軒目の目的地「白雪温酒場」へ。
今日は満員です。
なんとか席を確保して熱燗とナマコをいただきました。
DSCN6479.jpg

DSCN6480.jpg
今日のナマコはコノワタとコノコが入っています。
気のせいかチロリに入ったお酒の分量も増えた感じ。
最近よく来るからサービスしてくれたかな。

DSCN6481.jpg
最後は茶碗蒸し。

この店もいいねー。

さぁ帰って風呂入って寝よっと。



スポンサーサイト



23:07  |  小料理・居酒屋  |  コメント(2)

Comment

草鍋より、なまこが …
このわたの写真を見たらよだれが出て来て垂れた。
めっちゃくちゃぁなまこ食べたくなってしまった。近々、食べよう。絶対に。
光です |  2009.03.31(火) 00:09 | URL |  【編集】

Re

>光
そうやなぁ。
なかなか食べさせてくれる店無いもんね。
「白雪温酒場」はいつもあるけど。
su-yan |  2009.03.31(火) 00:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |