FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009.08.28 (Fri)

090828の昼ご飯《浪速区稲荷2「 寿し寅」》

数日前 浪速区稲荷の蕎麦屋「重蔵」に行った帰りに、地下鉄「桜川駅」の近くで凄く気になるお寿司屋さんを発見しました。

歴史を感じさせる佇まい、古いだけではなくどこか凛とした雰囲気のあるお店です。
「御寿司處 寿し寅」
普通の寿司屋とは趣が違うので気になり電話で確認したところ、にぎり寿司、箱寿し、ちらし寿しの三種類がいただけるらしく、それぞれ一人前1,100円とのこと。

"この店は絶対美味いものを食べさせてくれるに違いない。"
この勘に自信あり!



…で、今日行ってきました。
会社から徒歩10分弱。
千日前通りに面した角地にあります。
DSCN8789.jpg

DSCN8788.jpg

お店に入ると四人掛けの白木のテーブルがふたつ。
レトロな照明に玉砂利を埋め込んだ床。
DSCN8796.jpg
DSCN8797.jpg

天井から床まで年季を感じさせる造りですが、床の隅々まで掃除が行き届いており気持ちがいい。
落ち着く店だねー。

ご主人に、”先日電話させていただいたものです”とご挨拶をすると優しい笑顔が返ってきました。


箱寿司をお願いしました。
テーブルのすぐ目の前で作ってくれます。
DSCN8795.jpg
※断って撮影させていただきました。

話しを伺うと、このお店の創業は明治初年。もともとはこのお店の近く南堀江で初代が始められたそうですが、昭和20年の大阪大空襲で焼けてしまい現在の桜川に変わったとのこと。

創業から120年経った今でも箸袋には創業八十年と書かれたままです。
DSCN8793.jpg

現在のご主人は創業者のひ孫にあたる四代目。
気さくで優しいご主人です。
毎朝5時半に奈良の自宅を出て大阪木津卸売市場で材料を仕入れお店に入るそうです。

さぁ、出来上がってきました。
DSCN8801.jpg
いや~綺麗ですねー。
食べる前から美味さがギンギン伝わってきます。

ヒラメはシャリの間に海苔が、穴子と海老は甘辛く炊かれた椎茸を挟んで押してあります。
DSCN8803.jpg

本当に感動もの。
予想通りに大変素晴らしいお寿司でした。

11月から4月までは"ぬく寿司"があるそうです。
甘辛く炊いた椎茸のみじん切りと煮詰めたつゆをご飯に混ぜ丼に盛り、短冊に切った焼き穴子を敷き詰め、錦糸卵、イカ、キクラゲ、栗、自家製の薄紅色のエビおぼろをのせて蒸し上げたものだそうです。

う~む、これまた烈しく気になるなぁ。
早く11月にならないかな~。

二週間後また行きます。
今度はチラシ寿司をいただいてみましょう。

ご馳走様でした。

DSCN8798.jpg

「寿し寅」
〒556-0022 大阪市浪速区桜川2-3-1
TEL 06-6561-4014
スポンサーサイト



12:54  |  寿司  |  コメント(2)

Comment

スーヤンとは、天国で、たまにお会いしますが、いつも楽しくのぞかせてもらってます。このお寿司屋さんの前は、仕事で、とおります。日本家屋で、半分切れたような建て方のすし屋さんですね。
僕も気になっていました。近日よろうと思います。
いつも美味しい情報ありがとうございます。
これからもどんどん載せてください。
中川です |  2009.08.29(土) 19:24 | URL |  【編集】

Re

お~中川さん、いらっしゃいませ。
そうです。その店です。
シャリがやや酸味が強いですが本当に美味しいですよ。
是非一度行ってみて下さい。
su-yan |  2009.08.29(土) 19:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |